冬の働きに関して

冬の行動といえば、スノーボードが残る。そういったスノーボードはだいぶうれしい。始めた間は、満員転んだり、どこかにぶつかったりというめっぽうヒヤヒヤするのだが、それを乗り切る結果楽しく滑ることが出来る。当初は、おけつにアザができるほど転んだ記念が居残る。今となっては、そこまで転ぶことなく山野の極点から虜まで降りて混ぜるレベルに成長した。元々上手くなるには進化が必要で、機会が生じるという毎週のウィークエンドは知人を誘って滑りをめぐっている。自分の例、走ることに慣れてくると、ちょっと物足りなくなってきたので、方面悪巧みにも挑戦している。この方面悪巧みは、簡単に言うと滑りながらジャンプしたり回す結果、これが自分のイメージ通りに決まるといった極めて気持ちが良い。最初は、転んだりぶつかったりって専ら疲れるだけだが、何事も続けることが大事で何度も繰り返す結果うまくいく。繰り返してうまくいった企業、自分にもできたという喜びを感じ取れるので、スノーボードはやめられない。http://palliativedrugs.biz/